Archive for 12月, 2018

1本の歯の大切さを感じた体験

12/10/2018 12:20

歯が丈夫な人は、食事のときに不便な思いをしなくても済みます。
しかし、たとえ1本でも気になる歯がある人は、食事のたびにストレスを感じることもあるでしょう。
特に、人前での食事は大変です。
悪い歯の場所にもよりますが、その歯をかばうことから、食べ物を噛むときに不自然な形になることが多いですね。
私も、1本の歯にまつわる不便な思いを中学生のころから引きずっています。
対象となる歯は、上顎の中切歯(2本)のうちの1本、つまり、前歯の中心にある歯です。
その歯が欠けたため「差し歯」をしたのが悲劇の始まりだったのです。
正確にいうと、その前に、歯が少し欠けたため詰め物をしていました。
それがリンゴをかじった拍子に根元から折れてしまったのです。
目立つ場所なので、慌てて歯科医院を受診しました。
しかし、その歯科医院では丁寧な治療をしなかったため、差し歯の不具合をずっと感じることになります。
食べ物を噛み切ることに不安があり、その歯を避けることから人との食事が苦手でした。
また、証明写真を撮影したとき、顔が歪んで写ったのを覚えています。
このような目に遭わないためにも、日頃から歯科と仲良くすることをおすすめします。


Categories:その他
    2018 © 不眠症が引き起こす恐ろしい病気