ほおずき市は、夏の風物詩

可愛い赤い実がなるほおずきの市、7月9日と7月10日に50万人~60万人もが訪れる一大イベントになった理由って何なのでしょうか?
ほおずき市について、たくさんあるホームページを検索してみました。
室町時代から観世音菩薩の縁日は、18日と伝えられていて18日に参拝すると、千日分のご利益があるとされていました。
ところが室町時代末期からは、10日に「功徳日」が設けられその日に参拝すると最大46,000日分の功徳が得られると言われるようになりました。
46,000日とは126年分になり、7月10日は人の一生分の功徳を得られる日になったのです。
人々は一番乗りをしようと、前日の9日から押しかけて賑わい始めたことから7月9日・10日が「46,000日の縁日」となったのです。
人がたくさん集まると同時に市が立ち始め、その中の一つがほおずき市でした。
ほおずき市を先に始めたのは、愛宕神社の千日参りの縁日で薬草としてほおずきを売っていました。
子どものかんの虫や大人の癪(内臓疾患や持病)に効くと言われていました。
愛宕神社でも46,000日の縁日に市が立ったことから、46,000日なら浅草寺が本家本元だとして浅草寺にもほおずき市が立ち始めたということです。


Sorry, the comment form is closed at this time.

    2019 © 不眠症が引き起こす恐ろしい病気